メイン画像

働く場所に囚われない新しいスタイルのビジネスモデルに適応

リモートワークは働き方改革で注目されている「ICTを使って場所に囚われない」とされるテレワークと同じビジネスモデルです。
こちらはテレワークと混同されることもありますが、ほとんど同じ意味で使ってしまって構わないでしょう。
場所を問わずに働くということは、在宅やオフィス、その他、自分の都合で仕事が出来るということになり、企業としての効率性も高まると期待されています。

しかし、このことを間違って捉えてしまうと効率が上がるどころか下がってしまうので気をつける必要性があります。
たとえば、子どもがいる家庭にリモートワークを導入したとして、在宅での勤務ばかりになってしまえば逆にフットワークが制限される可能性があります。
理想的な環境を言えば、自分のその日に最適な仕事環境をその都度選べるというものが最適だと言えるでしょう。

CROSSCOOPでは実線的な働き方かいかくに適した労働環境を提供するレンタルオフィスサービスです。
こちらは企業で扱う様々な施設はもちろんのこと、顔認証システムなどのセキュリティ対策も万全です。
このような環境を利用することによって、1つに絞り込むことがリスクだとされる働き方にも幅が広がると言われています。